MENU

諦めないで!妊娠線の予防ケアと改善方法とは?

妊娠線予防クリーム

妊娠線はあらゆる肌トラブルの中でも改善が難しいと

されており、予防ケアによって妊娠線を作らない
ことが重要とされています。

 

しかしできてしまった妊娠線の改善は全く
不可能というわけではありません。

 

妊娠線ができるメカニズムを正しく理解し、きちんと対策を
とることで、妊娠線は予防・改善することができます。

 

ここでは妊娠線の予防・改善方法についてご紹介します。

 

妊娠初期の方でこれから妊娠線予防クリームを使用される方、
妊娠線がすでにできてしまっている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

予防ケア

 

保湿ケア

妊娠線予防クリーム

 

妊娠線ができる大きな要因に乾燥があげられます。
その為妊娠線を予防するためには、徹底した保湿ケアが重要です。

 

お肌の保水力が低下すると肌からハリや弾力が失われ、妊娠周期
を重ねるにつれて大きく張り出すお腹により皮膚が付いて
いけなくなり、裂けて妊娠線となってしまいます。

 

妊娠線を予防するうえで、まだお腹が張り出さない初期の
頃から肌を徹底的に保湿し、徐々に大きくなるお腹に皮膚が
付いていけるように柔軟な肌へと保つことが求められます。

 

ただし妊娠線予防において使用する保湿クリームは、一般的な
ボディクリームでは妊娠線を予防するだけの保湿力を保持する
ものは少ないので専用の妊娠線予防クリームを使用しましょう。

 

 

栄養バランスのとれた食事

妊娠線予防クリーム

 

妊娠中はつわりにより食欲が衰退し、
痩せてしまう方がいらっしゃいます。

 

満足な食事量が摂れなかったり、食事の栄養バランスが
乱れると、胎児の発育に悪影響のほか、肌の健康が失われ
様々な肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

妊娠中は体重増加を気にするあまり、脂肪分の摂取を
控える方もいらっしゃいますが、脂肪分の摂取不足は肌のハリや
弾力を失うことに繋がり、妊娠線ができやすい状態になります。

 

妊娠線ができにくい健康な肌を保つためにも、ビタミンや
ミネラル、たんぱく質や脂肪分など栄養バランスの
とれた食事を摂取するようにしましょう。

 

 

体重コントロール

妊娠線予防クリーム

 

妊娠中はどうしても体重が増加してしまいますが、
急激な体重増加は妊娠線ができるリスクを高めてしまいます。

 

しっかり体重管理を行うためにも、バランスの良い
食生活を送るように心がけましょう。

 

さらに皮下脂肪が多い肥満気味の方は、妊娠周期を重ねる
につれて真皮層が伸びにくく、亀裂も入りやすく妊娠線が
できやすいというリスクがあります。

 

 

改善ケア

 

美容皮膚科で治療

妊娠線予防クリーム

 

妊娠線ができてしまった場合、美容皮膚科や美容サロンにて
外科手術やレーザー治療を行うことで改善することができます。

 

外科手術で妊娠線を改善する場合、皮膚切開手術にて改善します。

 

レーザー治療の場合、レーザー照射による皮膚の収縮作用によって
妊娠線を薄くすることができますが、完全に消すことは難しいです。

 

どちらの方法も高額な治療費が必要となり、また妊娠線が広範囲
にわたる場合、治療そのものがうけられない場合があります。

 

 

妊娠線予防クリームで改善

妊娠線予防クリーム

 

妊娠線ができてしまっても、妊娠線予防クリームを
上手に活用することで改善が期待できます。

 

妊娠線を改善するためには、丁寧な保湿ケアにより
避けてしまった皮膚の修復が求められます。

 

妊娠線予防クリームには、傷ついた皮膚の再生や
肌のターンオーバーを促す成分が配合されており、
効果的に改善ケアをすることができます。

 

その為できてしまった妊娠線の改善には、
妊娠線予防クリームを使用することをおススメします。